KINTOのコーヒードリッパーで手軽に本格的なコーヒーを味わおう

コーヒー

毎朝のコーヒーも手間がかかってしまうし、時間もないし…1時間早く起きればいいのかもしれないけれど、ぎりぎりまで寝ていたいし…

でもやっぱりおいしいコーヒーが飲みたいのは本当だし…

そんな時に見つけてしまったのが、今回紹介するドリッパーなのです。

スポンサーリンク

おいしい一杯を淹れられるのがKINTOなのです。

このKINTOは洗練されたデザインが豊富なおしゃれなメーカーですが、とっても気軽に使えるドリッパーもあるのです。

それが、COLUMN(コラム)という1杯分のコーヒーが淹れられるコンパクトデザインのコーヒードリッパーなのです。

キントー KINTO コラム (COLUMN) コーヒードリッパー (1杯用) 【カップ口径:7cm~9.5cm対応】【ホワイト/レッド/ブラウン//全3色】※コーヒーカップは付いていません。価格:1,296円
(2019/9/3 09:48時点)
感想(0件)

シュッとした見た目がかわいい

このCOLUMNは受け皿、ドリッパー、計量スプーンが重なって収納されていて、インテリアの邪魔にならないデザインになっています。オールインワンな感じなので収納スペースも必要ないくらい場所を取りません。

ステンレスメッシュのフィルターなのでペーパーフィルターいらず

なんと、ステンレスメッシュなのでペーパーフィルターが要らないのです。

時間がない朝は特に準備は一つでも少ない方がありがたいのですからこれはGoodですね。

また、味の方もステンレスメッシュなので、コーヒーオイルも漉されずにしっかりとうまみと共に抽出してくれるのでおいしい1杯に仕上がります。

そうです簡単に本格的な味わいのコーヒーが朝から飲めてしまうんです。

カップにそのまま載せるだけで

マグカップにそのまま載せてしまうだけで抽出できるので忙しい朝も簡単に1杯分のコーヒーが淹れられてしまいます。

毎朝のことになるので簡単であるほど、うれしいポイントです。

今どのくらいカップに入っている?

サーバーに乗せて淹れていないのでどのくらい入っているのかが心配になりますよね。

でもこのCOLUMNはドリッパーの再度にのぞき穴があるので、今、どのくらい入っているのかを確認しながら淹れられるのです。

便利ですね~!

1杯入ったら、ドリッパーは受け皿へ置ける

コーヒーを淹れ終わったら、付属の受け皿に置くことができます。テーブルをすっきりとさせたまま使えちゃうのです。

清潔を保てる

プラスティック素材なので、丸洗いできるのでとても清潔に保てます。

シンプルな構造なので洗いやすい!とってもらくちんなのです。

残念なところ

基本的に1杯づつしか入れられないので、複数人のコーヒーを淹れられないところはちょっと残念。デメリットですね。

ピクニックなどに使える

プラスティック製でコンパクトなので、持ち歩きするのにもほとんど負担にならないのがメリットです。ピクニックなどアウトドアには向いていますね。

山の頂上だとか、キャンプでコーヒーが飲みたいときに一役買ってくれます。

最後に

ぜひ忙しい朝用に、またアウトドア用に、気軽に本格的なコーヒーをおしゃれに淹れてみませんか?

キントー KINTO コラム (COLUMN) コーヒードリッパー (1杯用) 【カップ口径:7cm~9.5cm対応】【ホワイト/レッド/ブラウン//全3色】※コーヒーカップは付いていません。価格:1,296円
(2019/9/3 09:48時点)
感想(0件)

応援よろしくお願いします
コーヒー
スポンサーリンク
シェアする
kloudy1174をフォローする
coffee time lover

コメント

タイトルとURLをコピーしました