BBQの火おこし!着火剤や炭の選び方

キャンプ,アウトドア

BBQや焚火の時に必ず必要になるのが火起こしです。

慣れていないと、火が着かなかったり、時間がかかってしまい、食事が遅くなってしまったりしてしまいますよね。

でもサッと火を起こせてしまえば、もう鼻高々でテンションも上がります。

今回は初心者でも簡単にできる火おこしの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

市販の着火剤で人気があるのはジェルタイプと固形の2種類

着火剤を使えば簡単に火が着いちゃいますので、初心者には、特におすすめです。

ジェルタイプと固形の2タイプあります。

固形タイプ

【送料無料】ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター 83010000 (HTRC 4.1)価格:1,681円
(2019/11/1 14:48時点)
感想(0件)

ジェルタイプ

【ポイント5倍】NITINEN(ニチネン) アウトドア着火剤 チャッカネン価格:1,399円
(2019/11/1 14:49時点)
感想(0件)

固形タイプは使用した量が一目でわかるのが特徴です。

ジェルタイプは炭に直接塗って使えるのが特徴です。

他にも、木くずのような粉末タイプやマッチタイプなども市販されています。

着火剤は一番下に置くべし

着火剤を使って火起こしする場合は、炭の下にセットします。炎は下から上にあがる性質があるためです。バーベキューコンロなどの上に、まずは着火剤を置くとおぼえておきましょう。

さらに火をつけやすくするためには、着火剤の下に新聞紙を敷くのもおすすめです。

火の回りがよくなるように、固形タイプの場合はバランスよく並べ、ジェルタイプの場合は渦巻きを描くように塗ります

炭に直接塗る場合は、種火にする一番下の炭にまんべんなくつけましょう。

ジェルタイプの着火剤の使用量の目安は、バーベキューコンロ1台あたり40gほどですが、コンロの大きさや使用する炭の量によって調整してください。

新聞紙や小枝を併用しよう

着火剤をセットしたら、炭を置く前に新聞紙小枝といった燃えやすい素材をのせましょう。

着火剤、燃えやすい素材、炭の順番で積み上げることによって、効率よく火起こしができます。小枝は、山キャンプや登山なら現地で調達できます。

最後に、炭をのせるときは横に広げず、縦に積むのがポイントです。

セッティングが完了したら、先の長いライターなどを使って、着火剤に点火します。

木炭に火がついたら、うちわなどであおいで炎に風を送ってください。このとき、強く風を送りすぎて火を消さないように注意しましょう。

小技!新聞紙ボール

新聞紙は着火剤の代わりに使えて便利です。

着火剤を購入する必要がなく、コスパが良いのが魅力なのです。

新聞紙を着火剤代わりにするときは、丸めてボール状にするか、ねじって短めの棒状に形を整えてから使います。

数が少ないと火がつかないことがあるので、できるだけ多めに用意して、炭の下に並べましょう。

小枝など燃えやすい材料がある場合は、新聞紙と炭の間に入れます。

炭を並べるときは、できるだけ新聞紙を覆うようにしましょう。

そして、新聞紙に点火し、炭に着火したことを確認してから、ゆっくりあおいで全体に炎を行き渡らせます。

正しく火おこしができると思いますので参考にしてみてくださいね。

炭にも種類がある

キャンプやBBQで燃料として使う炭には、さまざまな種類があります。

それぞれの特徴を知って、用途に合うものを選びましょう。

最も人気のある黒炭(切炭・木炭)、高級な白炭(備長炭)、初心者におすすめな成型炭があります。

BBQに使いやすい炭は黒炭です。よく流通しているタイプなので、どこでも入手でききます。ホームセンターなどで簡単に手に入ります。

名前の通り黒色の炭で、着火しやすいのが特徴です。

中でも切炭と呼ばれる種類は、長さが均一で並べやすく、特に初心者におすすめです。

なら切炭 楢(なら)堅1級 6kg(紙袋)価格:1,458円
(2019/11/1 15:07時点)
感想(11件)

キャンプやBBQで火起こしを成功させるコツは、着火剤と炭の組み方にかかっているのです。

しかし、なかなか火がつかないからといって、途中で着火剤を足すのは危険なのでやめましょう。

下から着火剤、燃えやすいもの、炭の順に積み上げて、効率よく火起こししてくださいね。

まとめ

炭は長く燃焼してくれるので、いろいろと便利です。焚火以外に調理の時に使用するダッジオーブンなどには欠かせません。

楽しくBBQやキャンプを過ごすためにも火起こしと炭の選び方をマスターしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました