防災グッズとして役立つキャンプ用品をご紹介

キャンプ,アウトドア

地震、台風、豪雨、毎年のように自然災害が起こる日本。その被害によって電気や水道などのインフラが遮断され、避難所での不自由な避難生活を余儀なくされることも珍しいことではなくなってきました。非常時の備えとして、防災用品の準備を必要としている方も多いのではないでしょうか。キャンプ用品には、防災グッズとして活用できるものが多いのです。また、それを使うアウトドアでの経験は、非常時にはとても役立ってくれます。どんな時にどんなキャンプ用品が活用できるのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テント

非常時の防災グッズとして、テントも大いに活用できます。


避難所に行くのだから、テントは必要ないんじゃないかとか、かさばるテントは本当に必要なの?と疑問に感じられる方も多いのではないでしょうか。


確かに大きなファミリータイプのテントだと、持ち運びは手軽とは言えないかもしれません。

しかし、2020年の豪雨の際は、感染症対策もあり避難所の定員が少なく、避難所に入れなかったというニュースもあり、話題になりました。


また、ペットと暮らしているご家庭だと、なかなか同行できる避難所も少ないのです。

そこで、簡易的な避難所として小さなテントでも一つあれば、着替えの際等にも臨機応変に対応できるので、備えておくことが助けになるわけです。

4人まで対応なのでゆったりと使用できるのでおすすめです。

シュラフ

シュラフ(寝袋)は、防災用品として活用して頂きたいグッズです。
避難所であれば、人が集中し、布団が足りなくなるというケースも考えられます。
夏場はまだいいのですが、冬場は貸出の布団だけでは寒さで眠れない、なんてこともあり得るのです。

そんな時に寝袋があるというだけで心強いのです。


キャンプ用の寝袋であれば、布団のようにかさばらずにコンパクトに収納でき、限られたスペースも有効に利用できます。


ただでさえ、何かと気苦労の多い避難生活は睡眠が大事です。ぐっすり眠って体力を回復させましょう。

寝袋は、快適温度(温かく快適に眠れる温度域)や限界温度(工夫次第で眠れるが、おススメはできない温度域)を確認し、3シーズン(冬以外)の寝袋より、冬用のものを選んでおく方がいざという時も安心です。

冬用なので安心できますよ

マット

マットは避難所など屋内に避難する際にも使ってほしいキャンプ用品です。


避難所が設置されるのは、床張りの体育館等が多いのです。


また、場合によっては、人が多くて入りきれず、廊下などで過ごすことになってしまう場合もあるようです。

マットがあれば、固い床にひいてシート代わりに使う事もできますし、寝袋を使う際にも下に引いておくと快適さがアップします。


厚手のものなら地面からの冷気を遮ることができるので、寒さ対策にもなるので一石二鳥です。

避難所はスペースも限られる為、簡単に折り畳みができるキャンプマットは、軽くコンパクトに収納できるところも使い勝手がいいのでおすすめです。

シュラフと合わせて家族分用意しておきましょう。

ランタン

防災の備えとして、LEDランタンで備えておくことを強くお勧めします。


LEDランタンはモバイルバッテリーや、電池で燃料を備えておけ、また灯り自体も明るく、長時間の使用も可能です。

また火を使わないため、火災などの心配もなく、安全に使うことができます。


小さな子供でもスイッチ一つでつけたり消したりできる点は、何よりも安全ですよね。

防災用品として活用を考えるのであれば、携帯の充電もできるUSBポートも備えた実用的なLEDランタンがおすすめです。

このランタンは携帯の充電もできるので安心です

バーナー

シングルバーナーは、リュックに準備しておきたいキャンプアイテムの一つです。


風防式のガスコンロでももちろんいいのですが、シングルバーナーだと折りたためば手のひらサイズに収まるので、手軽に携帯できます。


避難時に温かい飲み物を取りたいとき、又はレトルト食品を温めたい時など、必要な時に取り出して使用後はコンパクトにしまえるところもGoodですね。

災害時の為に燃料をあらかじめ買い置きができるところもおすすめの理由の一つです。

カセットボンベ1本あれば約60分使用することができので、必要に応じて備蓄しておきたいですね。

こちらのタイプならガスボンベもカセットガスなので比較的手に入りやすくコスパもいいのでおすすめです。

食器

避難所に移動する際にも持っていきたいのが、キャンプやアウトドアでも使用する食器類です。

被災時は断水などにより、使用済みの食器を洗うこともできなくなってしまうこともあると思います。


紙皿を準備している方も多いですが、避難生活が長引いた場合、足りなくなるので、用意しておくに越したことはありません。

人数分用意しておきたいですね。

クッカー

キャンプやアウトドア用に作られた調理器具は、非常時の持ち出しに適しています。


キャンプ用のクッカーは、大きい物の中に小さいクッカーを入れ、コンパクトに収納する入れ子式になっているものが多いですね。


クッカーはアルミやステンレス、チタンなどの軽い材質で作られているものが多く、携帯するにも便利です。

避難生活でよく聞かれるのが、「温かいものが食べたい」という声です。


特に寒い時期などは、普段でも温かいスープを口にするだけでもほっとして落ち着けると思います。


クッカーを用意しておけば水やスープなどを温めることができ、蓋つきであればお米を炊くこともでき、重宝します。

非常時にお湯を沸かせるというだけで、カップラーメンやパスタやフリーズドライ食品など、調理の選択肢が増えるのもありがたいですよね。


また、キャンプでお米を炊いたり、パスタを茹でたりと調理の経験をしておくことは、非常時にとても役立ちます。

コンパクトに収納できるのがおすすめです。

クーラーボックス

クーラーボックスは停電の際、冷蔵庫の食品を保存できます。


大規模災害時には1、2週間分の食料の備蓄が必要と言われているので、冷蔵庫の食料を、最初の数日間活用できると、非常に助かります。

ビニール袋に入れた冷凍庫の氷などをクーラーボックスで保管すれば、保冷力を高めることができるだけでなく、氷が溶けてしまえば貴重な飲料水として利用もできるのです。

使用機会の少ない大きなクーラーボックスは、家の中で意外と場所を取るのですが、必需品という事もあります。


有効活用するためにも、普段からクーラーボックスの中に乾物やインスタント食品などの非常用食料を備蓄しておくのも一つのアイデアとしておすすめします。

キャンプの際には、保管した食料を使ってローリングストックしていくのも、非常時の備えの一つとなるのでぜひお試しください。

このクーラーボックスは保冷力が4日間も保ってくれるのでおすすめです。

アウトドアナイフ

アウトドアナイフには様々な種類、形のものがありますが、防災グッズとしておすすめしたいのは、十徳ナイフとフォールディングナイフです。

十徳ナイフとは、様々な用途に使える多機能ナイフです。
1本で、ハサミや缶切り、爪切りやドライバーなどがセットになっています。

特に衛生用品でもある爪切りなどは、避難時には意外に忘れてしまいがちですし、他人の物を借りるには抵抗があったりしますよね。
そんな時にひとつで様々な役目を果たす十徳ナイフがあれば、何かと便利です。

フォールディングナイフは、刃の部分を折り畳んで収納するタイプのナイフです。

構造上、簡単に刃の部分が露出しないため、持ち運びの際も不安が少ないのです。


果物を向いたりする際に便利です。


十徳ナイフだけでは、という方は、こちらも併せてリュックにいれておきましょう。

使いやすいナイフなのでおすすめです。

最後に

外で過ごすアウトドアやキャンプの為に作られた製品は、不便の多い自然環境下において、どう快適に過ごすかを考えられて作られています。

その性能や製品設計は、過酷な自然の中で快適に過ごすための知恵と工夫の集積であるとも言えます。


また、キャンプやアウトドアの中で培った経験も、非常時に自分自身や周りの人を勇気づけるひとつの力になると思います。


あなたの持っているアウトドア用品を見直し、防災グッズとして利用できるものは持ち出しやすいところに置くなどして、災害に備えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました