貴重なコーヒー豆のマンデリンとは

コーヒー

苦みやコクの深さが特徴的なインドネシアで栽培されているマンデリンをご存じですか?

スポンサーリンク

希少な豆のマンデリン

マンデリンは希少で品質の高いコーヒー豆です。高級なコーヒーという印象をお持ちの方もいると思います。マンデリンの特徴を見ていきましょう。

マンデリンはインドネシア産のコーヒー

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で栽培されているコーヒー豆です。スマトラ島に住む、マンデリン族が栽培を始めたところからマンデリンという名前が付けられました。

インドネシアではロブスタ種という比較的安価なコーヒー豆の生産量が多く、アラビカ種のマンデリンの生産量は全体の5%にも満たない貴重な高級コーヒー豆です。

また、インドネシアのスマトラ島北部にある世界最大のカルデラ湖のトバ湖周辺で栽培されているマンデリンはマンデリントバコと言います。これはマンデリンの中でもブランドコーヒーとして知られています。

マンデリンのグレード

マンデリンはスーパーグレードスタンダードグレードの2つのグレードに分けられています。

スーパーグレードはスマトラ島のアチェ州タケンゴン地区で栽培されていますが、標高1400m~1900mで栽培されて特別なものを指します。本当に少ないため、貴重でなかなか手に入りません。

一般的に売られているのがスタンダードグレードです。その中でも5段階に区別されていて欠点豆の数で段階が決まるということです。

その中の最高級グレードのG1は欠点豆の数が300gあたり0~3個と言われています。

マンデリンは酸味が少ない

マンデリンは酸味が少なく強い苦みとコクが特徴です。ハーブやシナモンのような独特な風味とコクが深いので濃厚な味の余韻が残ります。酸味が苦手な方はこのマンデイ林はおすすめです。

マンデリンのおいしい淹れ方

一般的にマンデリンはフレンチローストなどの深煎りで飲まれます。

マンデリンは深煎りでも個性が失われることがなく、苦みとコクが残るからです。

なので、マンデリンの特徴である苦みとコクをじっくりと味わいたい方は深煎りがおすすめです。

一方、酸味を感じたい方はミディアムローストで淹れると良いでしょう。ミディアムローストでもおいしく楽しめるのがマンデリンの良さでしょう。

淹れるときには深煎りの場合90℃くらいの高温で淹れるとより苦みが感じられ、ミディアムローストの時には80℃~85℃くらいで淹れると酸味を楽しめるのでお湯の温度も気にして淹れてみてください。

マンデリンの飲み方

マンデリンは苦みとコクが強いのでミルクとの相性がとても良いです。なのでカフェオレに向いています。ミルクと砂糖と合わせると子供で絵もおいしく飲めるコーヒーに仕上げることができます。

また、生クリームやカスタードクリームなど甘いお菓子との相性も抜群なのでお菓子と一緒に飲むのもおすすめです。

最後に

マンダリンは深煎りもミディアムローストも味わえるコーヒー豆です。ぜひ9両方の味を比べてみてはいかがでしょうか?挑戦してみてください。

応援よろしくお願いします
コーヒー
スポンサーリンク
シェアする
kloudy1174をフォローする
coffee time lover

コメント

タイトルとURLをコピーしました