花粉症も影響する?コーヒーの飲み方の注意点

コーヒー

日本人のおよそ20%が患っているとされる花粉症ですが、代表的なものとしてよく言われているのが春のスギ花粉ですね。

今後、地球温暖化によって花粉の飛散数がより増加するのだと予想されているようです。

くしゃみや鼻水、鼻詰まりなど日常生活にも影響を与える花粉症ですが、コーヒーとどのような関係があるのでしょうか?

花粉症とコーヒーの関係、花粉症に注意したコーヒーの楽しみ方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーと花粉症の関係性

花粉症の症状を緩和するとされる食物がありますが、花粉症の悪化につながる可能性があるといわれる食物もあります。

コーヒーは花粉症の症状を悪化させるのでは?と不安になった方もいるのではないでしょうか。

実は、コーヒーが花粉症を悪化させるという科学的な根拠はありません。

安心してコーヒーをお楽しみいただいて大丈夫です。

厚労省が花粉症の民間医療について調査した資料があります。

それは、薬草関連やカフェイン関連、マッサージやアロマ療法など、多くの民間医療が存在するものの、民間医療の科学的評価についてはほとんど行われていないようなのです。

この資料には、アンケートの結果も掲載されています。

医療内容によってばらつきはあるものの、「効果が実感できた」と答えた人の割合は、20~30 %以下にとどまっているようです。

悪化したということはないものの、効果を過度に期待するものではない、花粉症を改善させるとは言えないという結果になっています。

コーヒーに限って言うならば、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が花粉症の症状を緩和する可能性について指摘しているものも存在しています。

しかしながら、あまり効果を期待して飲むものではないのではないかと思います。

ですので、花粉症の症状の緩和を目的としてコーヒーを飲むのはオススメしません。

また、花粉症を悪化させるという根拠はありませんので、これまで通りコーヒーを飲んでも大丈夫だと思います。

症状を悪化させないよう意識しながらコーヒーを楽しもう!

コーヒーそのものが花粉症を悪化させる事実はないですが、飲み方を誤ると花粉症の症状を悪化させる可能性があるという事も忘れないようにしてくださいね。

コーヒーを楽しむために、抑えておくポイントをご紹介したいと思います。

砂糖・コーヒーフレッシュの摂りすぎに注意する

砂糖を控える理由は、コルチゾールというホルモンの分泌が減少するためなのです。

コルチゾールとは、抗炎症作用を持つホルモンであり、このホルモンの分泌が減少すると、花粉症などのアレルギー症状の悪化につながってしまうようです。

糖質を多くとると、血糖値が急上昇し、インスリンというホルモンが分泌されるのですが、この時に、コルチゾールの分泌量が減少してしまいます。

なので、砂糖は控えることをオススメします。

また、コーヒーフレッシュに含まれるトランス脂肪酸も砂糖同様に花粉症を悪化させる可能性があるようです。

ですが、農林水産省によると、トランス脂肪酸による健康への悪影響を示す研究の多くは、脂肪を摂取する量が多い欧米人を対象にしたものであり、日本人の場合にも同じ影響があるかどうかはわからないという事です。

ですが、なんにしても摂りすぎはよくないので、注意しましょう。

普段から苦みが苦手で砂糖やコーヒーフレッシュを入れている方もいるのではないでしょうか。

そんな方は浅煎り豆を試してみてください。

現在はサードウェーブコーヒーのムーブメントにより、高品質な浅煎りコーヒー豆が手に入れやすいからです。

ぜひフルーティで酸味豊かな浅煎りコーヒーを試してみてくださいね。

花粉症対策の基本を抑えてコーヒーを楽しむ

花粉症対策の基本である、「花粉との接触をできるだけ避ける」、「花粉を体内に取り込まない」ことを意識してコーヒーを楽しみませんか?

帰宅後に衣服をはらうことやうがい手洗い、洗顔はもちろんのこと、外での飲み歩きも控えることが一番の対策なのではないでしょうか。

普段、喫茶店やカフェでコーヒーを楽しんでいる人も、この機会に自宅でコーヒーを淹れてみることが良いのではないでしょうか。

主流のハンドドリップだけでなく、フレンチプレスやコーヒーサイフォン、エアロプレスなど、今やコーヒー器具はたくさんの種類があり、淹れる器具によってコーヒーを様々な味わいで味わうことができますよ。

コーヒーの魅力を感じるいい機会になると思いますので、ぜひ自宅でコーヒーを入れてみてくださいね。

最後に

コーヒーが花粉症を悪化させるという科学的な根拠はありませんので、今まで通りコーヒーを飲んでも大丈夫でしょう。

ですが、花粉症は難治性であり、身体の不調やストレスを招く病気であることも事実なのです。

コーヒーを楽しむ際も、花粉症対策の基本を意識して、花粉と上手く付き合いながら、コーヒーのある生活をお楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました