小型のキャンピングカーでキャンプに行こう

キャンプ,アウトドア

キャンピングカーと言えば大きなものを想像しますが、最近では軽自動車などの小型のものが数多く出てきています。小型のキャンピングカーがおすすめな理由を考えてみましょう。

スポンサーリンク

小型キャンピングカーの特徴とは

1 運転しやすい

軽自動車など小型の車は運転がしやすいのが特徴ですね。

それと同じように、小型のキャンピングカーはとにかく運転のしやすさが挙げられます。

やはり小回りが利くのが最大の特徴ですね

キャンプというと山奥など道が細かったりして、大型車だと通るのがやっとですれ違えないような細い路地なんかがあったりしますが、そんな細い路地などにも侵入しやすく、通行できてしまうのがおすすめな点です。

キャンピングカー初心者でも乗りやすく、普段と変わらずに運転できるのが利点ですね。

2 車高は高い

小型のmキャンピングカーでも、トラックやワンボックスタイプの車だと車高が高くなります。

車の後部になるシェルは小型車の限界まで広げて作られているので、軽自動車でも同じように車高が高くなっているのです。

横幅を気にして車高のことを忘れてしまうと。高架など車高制限のある所を忘れてしまいがちになります。ぶつかってしまうと大変なことになりますので注意が必要ですね。

3 駐車がしやすい

小型の車は何といっても駐車がしやすいです。

キャンピングカーは車中泊がしやすいのですが、駐車場所を考えなければなりません。

大型車の場合は駐車するところも再現されてしまうため、どこにでもというわけにはいかなくなってしまいます。

しかし、小型車の場合はたいていのところには駐車ができるので、トイレによりたくなってのコンビニや、コインパーキングにも止めることができてしまうのでとても便利です。

また、自宅に注射する場合でも普通車が止められていたならば、十分に止めることができるので安心です。

小型キャンピングカーにお勧めな装備

小型キャンピングカーは内装が少ないので装備も吟味しなくては取り付けができないなどとなってしまうこともあります。

また、必要な装備は自分で用意する必要が出てきます。そこでお勧めの装備をご紹介します。

携帯用エアコン

キャンピングカーでなくてもエアコンは必需品になっていますが、車に備え付けのエアコンでは十分日冷やすことができません。また、使い続けることでガソリンもなくなってしまうので、熱中症にならないためにも携帯用エアコンが必要なのです。そこでお勧めなのがポータブルクーラー冷え蔵2とポータブルスポットエアコンになります。冷え蔵は小型なので場所を取らず置き場にも困りません。スポットエアコンも外でも中でも重宝します。

【車中泊・カー用品】ポータブルクーラー冷え蔵2 ‐Stage21価格:38,280円
(2019/10/8 10:53時点)
感想(7件)
スイデン SS-16MXW-1(白色) ポータブルスポットエアコン SS16MXW1ひんやり 熱対策 アイス 冷感 保冷 冷却 熱中症 涼しい クール 冷気価格:45,153円
(2019/10/8 10:54時点)
感想(0件)

今、ご紹介したのは夏場なのですが、冬場に困るのは寒さです。FFヒーターを用意しましょう。

FFヒータとは軽油やガソリンで動く暖房器具なので、便利です。

寝袋

小型のキャンピングカーにベッドはついていません。毛布やタオルケットなどでも良いのですが、快眠のためには寝袋が一番寝心地が良いので用意しましょう。

【Bears Rock】-6度 封筒型 暑い夏でもさらっと快適 夏対応 3.5シーズン 洗える 寝袋 キャンプ 防災 ツーリング アウトドア 洗える寝袋 緊急用 夏用 防災用 軽量 -6℃ コンパクト 冬用 布団 防災グッズ 車中泊 ボーイスカウト 林間学校 野外活動 シュラフ MX-604価格:3,850円
(2019/10/8 11:24時点)
感想(3064件)

補助ボックス

小型のキャンピングカーは収納などが少ないのが欠点になってしまいます。

当然のことながら、荷物は多くは積めません。そこで必要になるのが補助ボックスになります。

背面に取り付けるので荷物が多く積めますし、社内を広く使うことができますね。

ULTRA-BOX 320(ウルトラボックス320) FIAMMA フィアマ 外部収納 キャンピングカー キャンピングトレーラー 車中泊 パーツ 部品 用品 キャンプ フィアマパーツ キャンカー キャリア 収納ボックス価格:110,000円
(2019/10/8 11:28時点)
感想(0件)

値段は張りますが、ある都内とでは断然快適さが違います。検討してみてはいかがでしょうか。

背面ボックスはちゃんと鍵もかかりますし、においのあるものをかくりすることができるという利点もあります。生ごみや携帯用トイレ、汚れた服など社内に臭いがこもるようなものを入れて隔離してしまえますので快適な旅になるはずです。

最後に

収納の少なさと多くの装備は望めませんが、小型の方が使いやすいです。運転がしやすいのでどこにでも移動できます。装備さえしっかりとしてしまえば、相棒として頼りになるでしょう。

一度検討されてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました