寝る前のコーヒーにおけるカフェインの効果とは

コーヒー

コーヒーにはカフェインが入っているこてゃ皆さん知っていると思います。夜寝る前にコーヒーが飲みたくなってしまうこともあると思いますが、眠れなくなってしまうという事で飲むのをやめてしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は寝る前のカフェインはどうなのかを考えてみたいと思います

スポンサーリンク

コーヒーを寝る前に飲むのは良いのか?悪いのか?

一般的に寝る前は飲むと眠れなくなってしまうという事が言われていますが、これはコーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用が睡眠を妨げると思われているからだと思います。

中には、コーヒーが好きで寝る前に毎晩飲んでいるよ、でも眠れるよという人もいるのも事実です。

また、最近では昼寝の前などに一杯のコーヒーを飲むことが睡眠の質を高めて目覚めを良くするという説も聞かれるようになってきました。

寝る前に飲むコーヒーは不眠になる?

カフェインは、体内に入るとアデノシンという睡眠を促す物質の働きを止めて、眠気がくるのを防ぐように作用します。

このため、カフェインを多く含む食品を摂取すると、眠気を感じづらくなるのです。

個人差はありますが、カフェイン効果はコーヒーを飲んで30分くらいで脳に作用しはじめ、その効果は4時間程度持続するといわれています。

このことから、寝る前に多量のコーヒーを飲むと眠れなくなくなるというのは間違いではありません。

コーヒーは夜寝る前より仮眠の前に飲むと効果的

カフェインが睡眠にとって非常に有効に働いてくれる場合もあります。

それは、30分程度の短い仮眠の時です。

仮眠の前にコーヒーを飲むと、ちょうど目覚めるころにカフェインによって眠気がブロックされ、その後4時間程度は覚醒状態が持続します。

つまり、仮眠の前にコーヒーを飲んでおくことで、寝覚めがすっきりして眠気も解消されるということになります。

寝る前にコーヒーを飲んで得られる効果とは?

適量であればいくつかの睡眠の質を高める効果があります。

脳をリラックスさせる

コーヒーにはピラジンという香り成分が含まれおり、気持ちをリラックスさせ気分を穏やかにする作用があります。

淹れたてのコーヒーの匂いを嗅ぐことで、α波というリラックスしたときの脳波が出るといわれており、自律神経の沈静効果があります。

血流がよくなる

カフェインには、血行を良くする働きがあり、そのことによって代謝が上がり、体内の熱を外に出しやすくなるため安眠が得られるのです。

筋肉の疲労を和らげる

血行と代謝の働きが高まり、身体に疲労が溜まりにくくなり、その日の疲労を次の日に持ち越すことなく、気持ちのよい目覚めが期待できます。

コーヒーを寝る前に飲むときの効果的な飲み方

寝る前のコーヒーはブラックで飲むのはやめましょう。

ブラックコーヒーの場合、量を少なくしたつもりでもカフェインの眠気を防ぐ作用が強く働き、脳が覚醒して眠れなくなる可能性があります。

寝る前のコーヒーにはミルクをたっぷり入れて飲みましょう。

ミルクセロトニンという睡眠ホルモンの原料であるトリプトファンを豊富に含んでいます。また、ミルクに多く含まれているカルシウムは、脳の興奮を抑える鎮静効果があるので質の高い睡眠が得られます。

寝る前はホットコーヒーで

アイスコーヒーは身体を冷やしてしまい、カフェインによる利尿作用が強く働くので、トイレの回数が増え熟睡することができなくなります

コーヒーは寝る30分前にゆっくり時間をかけて飲む

飲むタイミングは、床につく30~40分前がベストです。

時間をかけて香りを楽しみながらゆっくりと飲むことで、より質の高いリラックス効果が得られます。

最後に

30分程度の仮眠の前には、コーヒーは非常に高い効果を発揮してくれます。

また、睡眠の前であっても、あまり大量に飲むのでなければ、極端に睡眠が阻害されることはないといっていいでしょう。

それどころか香りによるリラックス効果や、疲労回復などの効果も期待できます。

ぜひ、寝る前にはゆっくりと時間をかけてカフェオレなどを楽しんでリラックスして、睡眠を迎えるようにしてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました