ハンドドリップでコーヒーを淹れよう

コーヒー
スポンサーリンク

ハンドドリップとは

ハンドドリップとは、挽いたコーヒー豆にお湯を注いでコーヒーを抽出する方法です。

ハンドドリップコーヒーは丁寧に時間をかけて手で淹れることで、インスタントコーヒーとはまた違った

コーヒーのおいしさを味わえます。

自動でコーヒーをドリップできるコーヒーメーカーと異なり、手で淹れるコーヒーなので、お湯を注ぐ速度やお湯の温度、蒸らし方などの微妙な調整が可能です。

この調整により、コーヒーの味を変化させることもできます。

コーヒー豆を自分で挽くところから始めれば、さらに味にこだわったコーヒーを淹れられるので、コーヒーの味をより楽しみたい人に適した方法とも言えます。

また、ハンドドリップに必要な基本的なものは、コーヒー豆を挽くコーヒーミル、コーヒーを抽出するためのドリッパーやサーバー、ドリッパーにセットするペーパーフィルターです。

まあミルは無くても粉を購入すればよいので、ミルがないことをあまり気にしなくてもいいでしょう。

これらは比較的安価で入手できるので、費用をあまりかけることなく、初心者でも手軽に始めやすいのも、ハンドドリップの魅力でしょう。

あとは、ドリッパーにお湯を注ぐためのコーヒーケトルがあると便利です。

コーヒーケトルは、注ぎ口が細くドリッパーにお湯を注ぎやすい形状が特徴で、お湯を注ぐ量やスピードをコントロールするのに最適です。

挽かれた状態の豆を購入している場合は、コーヒーミルは必要ありません。

でも、コーヒーは豆の挽き方によっても味が変化します。

コーヒーミルがあれば、自分で豆を挽いて味の変化を付けられるため、好みの味を見つけやすいので、こだわってみるのであれば一つ持っているととよいかと思います。

ハンドドリップでは、焙煎度によって使用するコーヒー豆の量や、注ぐお湯の温度にも注意してみましょう。

この2点も、コーヒーの味を大きく左右します。ハンドドリップをするときは、注ぐお湯の温度も重要です。

一般的に、コーヒーは高い湯温で抽出が早く、低めの湯温で抽出が遅くなります。

コーヒーには先に酸味、後に苦味が出るという特徴があります。

なので、極端に湯温が高いと味が出やすいため苦味も出やすくなってしまいます。

逆に低いと味が出づらいため酸味だけが出てしまいます。

そこで、苦味・酸味のバランスが取れたおいしいコーヒーを抽出するためには、熱すぎず低すぎないようにお湯の温度を意識することが大切です。

ハンドドリップに最適なお湯の温度は約92度と言われています。

この温度は沸騰したお湯をドリップポットに移したくらいがおおよそこのくらいの温度になります。お湯の注ぎ方にもコツがいります。

お湯の注ぎ方のコツ

まずは、ドリッパーにお湯を注ぐときは、コーヒー粉全体に注ぎましょう。

そして、お湯を注いだコーヒー豆が膨らんだ後、沈み込むときに再度お湯を注ぐことを繰り返します。

あとは段々慣れてくると思いますので、注ぎ方を工夫して最適な注ぎ方を見つけてみましょう。

最適なお水とは

最後に、コーヒーをおいしく淹れるのですから水も最適なものを意識してみましょう。

できれば、朝一番の水を使わない 朝一番に蛇口から出た水は、前日から溜まっていた水です。

汲みたての水を使うなら、蛇口から最初に出た水は避けましょう。

カルキ臭を抑える 水道水をそのまま使うと、カルキ臭いと感じることがあります。

これは、一度沸騰させたり、活性炭入りの浄水器を通せば軽減させられます。

鉄分が多い水を避ける 瞬間湯沸かし器の湯や古い水道管を通した水は、鉄分が多く含まれていることがあります。

鉄分はコーヒーの味や色に悪影響があるため、鉄分が多いと思われる水はできるだけコーヒーに使わないようにしましょう。

最後に

これだけを守ればおいしいコーヒーを手軽に入れることができます。

ハンドドリップは、少しの手間がかかりますが、コーヒーの味を自分自身で調整できます。

抽出時間や温度にこだわり、自分だけのお気に入りの味を見つけてみてはいかがでしょうか。

応援よろしくお願いします
コーヒー
スポンサーリンク
シェアする
kloudy1174をフォローする
coffee time lover

コメント

タイトルとURLをコピーしました