コーヒーを飲まない方が良い人とは?

コーヒー

カフェイン入り飲料の代表格として、多くの人から好んで飲まれている飲料といえば、コーヒーですよね。本格的な味を楽しめるドリップコーヒーから、手軽に飲める缶コーヒーまで幅広くありますが、実はコーヒーを飲むべきではない人がいるのです。今回は、コーヒーを飲まない方が良い人を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーは一息つきたいときにはぴったり

皆さんは普段、コーヒーを飲みますか。

ブラックコーヒーはもちろん、カフェオレや微糖など、さまざまなコーヒーがあります。

コーヒーは、仕事で疲れた頭を癒やすのにぴったりなので、ブレイクタイムに飲むという人も多いようです。

ブラックコーヒーであれば、シャキッと目を覚ましたり、農を覚醒させたりしたい時にもぴったりだと言われています。

コーヒーは誰にでも適しているわけではない?

カフェインを含むコーヒーは、覚醒作用があるため、仕事や勉強を捗らせたいときにぴったりと思われています。

しかし、実はコーヒーは誰にでも適している飲料でない事をご存知でしょうか。

体質やその時々の体調によっては、コーヒーの摂取を控えた方が良い人もいるのです。

コーヒーを飲むべきではない人の特徴とは?

多くの人が好んで飲んでいるコーヒーですが、中にはコーヒーを飲むのを控えた方が良い人もいます。

ここでは、コーヒーを飲まない方が良い人の特徴を紹介するので、当てはまったら、コーヒーの摂取を控えてみませんか?

1.その日すでに多量のコーヒーを摂取している人

コーヒーを好んで飲んでいる方は、1日に平均何杯くらい飲んでいますか?

コーヒーはカフェインを多く含む飲料なので、1日に多量のコーヒーを摂取してしまうと、体に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。

1日にコーヒーを多量摂取する習慣を継続していると、カフェイン中毒に陥ちいってしまうこともあるので、注意が必要なのです。

2.貧血症状が出ている人

女性にはよく見られる貧血症状ですが、実は貧血症状が見られる人も、コーヒーは控えた方がベストです。

コーヒーに含まれているカフェインには、体外へと鉄分を排出してしまう作用があるのです。

そのため、貧血気味の人がコーヒーを摂取してしまうと、元々鉄分が少ない体から、さらに鉄分が排出されてしまい、貧血症状が重症化してしまうのです。

貧血症状が少しでも見られる日は、極力コーヒーの摂取を控え、代わりにほうれん草やレバーなどの鉄分を多く含む食材を摂取するようにしましょう。

3.胃が弱い人

人によっては、体質的に胃が弱い人もいらっしゃると思います。

コーヒーに含まれている『クロロゲン酸』という成分は、胃酸の分泌を促す働きがあります。

なので、胃酸の分泌が活発化することで、胃の中を刺激し、胃痛に繋がってしまうのです。

元々胃が弱い人の場合、コーヒーを摂取することで、より症状が悪化してしまいます。

胃痛や胃にむかむかと不快感を覚えたり、様々な症状が現れるので、飲む場合も適量を頂くようにしましょう。

4.睡眠不足の人

カフェインには覚醒作用があることは、多くの人が知っていると思います。

「最近寝不足だな」と感じている人は、コーヒーを多く摂取してしまうことで、余計寝付きにくくなったり、眠りの質が悪くなったりすることがあります。

これはあくまでブラックコーヒーに関してです。

砂糖やミルクが含まれているカフェオレや微糖コーヒーの場合は、カフェインによって一度は覚醒するものの、1時間程経つと、糖分によってその症状が落ち着くとされているのです。

ですが、やはりカフェインが含まれていることには変わりないので、夜寝る前のコーヒー摂取は避けましょう。

どうしても飲みたい場合は、デカフェと呼ばれるカフェインレスのコーヒーを頂きましょう。

5.妊娠中の人

妊娠中の人がコーヒーを飲んではいけないと言われていることは、多くの人がご存知だと思います。

特に、妊娠初期の段階の妊婦さんがコーヒーを摂取してしまうと、後々早産のリスクが高まったり、低体重で生まれてしまったり、最悪の場合、流産してしまうこともあります。

そのため、最近では子ども用品専門店などでも、妊婦さん向けのデカフェコーヒーなどが販売されています。

通常のコーヒーは選らばず、カフェインレスのコーヒーを選びましょう。

コーヒーは適切な量を守らないとカフェイン中毒に陥る恐れもある

コーヒーは適切な量を守らず、1日に多量のコーヒー摂取が常習化してしまうと、カフェイン中毒に陥る恐れがあります。

カフェイン中毒に陥ると、カフェインを摂取しなければ倦怠感が襲ったり、眠気が襲ったりと日常生活に支障を来たすような症状を引き起こすようになってしまいます。

また、コーヒーを摂取しすぎることで、胃痛や頭痛、貧血症状や吐き気などに襲われる人も多くいるので、少しでも「コーヒーを飲み過ぎている」と思ったり、「最近、やけに体がだるい」と感じたりするならば、一度コーヒーを控えたり、1日の摂取量を減らすようにしましょう。

体調不良の日のコーヒー摂取はなるべく控えよう

コーヒーは覚醒作用があることで知られていますが、中には飲むべきではない人もいます。

また、飲み過ぎてしまうとカフェイン中毒に陥り、倦怠感や眠気に襲われうリスクも高まります。

体調不良の日は、コーヒーを控えるように意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました