コーヒードリップの道具の選び方と淹れ方

コーヒー

コーヒーをおいしく淹れるためにはいくつかの方法があります。

代表的な方法をいくつかご紹介しますね。

スポンサーリンク

ハンドドリップ

一番定番な淹れ方になるのではないでしょうか?

ドリッパーやドリップパックなどを使用して淹れる方法です。ハンドドリップと言われています。

このドリッパーやドリップパックにお湯を注いでコーヒーを抽出するだけなので手軽にコーヒーを楽しむことができます。

お湯の量をコントロールすれば各ドリッパーごと、製品に備わっている工夫によってさまざまな味わいが楽しめます。

ドリッパーによってはお湯の量をコントロールしなくてもよいタイプもあるので、初心者にも楽しめる方法でしょう。

サイフォン式

サイフォン式は理科の実験をしているかのように、フラスコとろ過機を使用してコーヒーを淹れる方法です。

フラスコをランプなどで温めて、気圧の変化によってお湯を上下させることでコーヒーの粉とお湯を混ぜてコーヒーを淹れることができます。

サイフォン式はドリップ式にはないコクと味わいを引き立てる抽出方法です。最初は難しいかと思いますが、淹れ方を覚えてしまえば毎日安定した味のコーヒーを味わえるのでお勧めです。

また、インテリア性も高いのでデザイン的にも飾ることができるほど雰囲気の良い器具です。

プレス式

手軽に豆本来の味わいが出せるのがプレス式です。

一般的にはフレンチプレスと呼ばれています。

使用方法はとても簡単で、専用のプレス機にコーヒーの粉とお湯を入れてプレスします。タイマーを使って時間を計るだけなので、とても手軽です。

紅茶を喫茶店などで頼んだ時に出てくる器具と言えばわかるでしょうか?

コツと言えばお湯を2度に分けていれることで、香りと風味を引き出してくれます。

また、プレス式で淹れたコーヒーはドリップ式などと違い、ペーパーや布でろ過しないためコーヒーオイルと呼ばれる脂分まで抽出できるので、フルーティな豆本来の香りまで楽しむことができるのです。

一度は試してほしい方法です。

ウオータードリップ

ウオータードリップは水出しコーヒーのことです。

最近ではコールドブリューとかダッチコーヒーと呼ばれています。

お湯で抽出しないので、苦みやえぐみが出にくくてマイルドな味に仕上がるのが特徴です。

水で抽出するので8時間という時間がかかってしまうのがやや難点ではありますが、出来上がった時の味わいがとても感動します。

なので、寝る前に仕込めば翌朝には飲めるので、とてもお手軽な淹れ方ですよね。

今年の夏は挑戦してみるのはいかがでしょうか?

最後に

こんな感じで代表的なコーヒーの淹れ方をご紹介いたしました。

気になる淹れ方があれば、器具もそんなに高価ではないので、購入してみてコーヒーライフを始めてみてはいかがでしょうか?

ぜひ始めてみてくださいね。

応援よろしくお願いします
コーヒー
スポンサーリンク
シェアする
kloudy1174をフォローする
coffee time lover

コメント

タイトルとURLをコピーしました