コーヒーは美肌効果が期待できるって知ってますか?

コーヒー

コーヒーを飲むことで美肌効果が期待できるという話を聞いたことはありませんか。

「普段何気なく飲んでいるコーヒーにそんな美肌効果が期待できるの!?」とちょっとびっくりする方もいるかと思います。美肌効果を高める飲み方にはいくつか重要なポイントがあるのです。

今回はコーヒーの美肌効果についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーが美肌効果につながる理由

コーヒーを飲むことで、なぜ美肌効果につながるのでしょうか?順を追って説明していきましょう。

クロロゲン酸による抗酸化作用でシミやシワを防ぐ効果

コーヒーにはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が含まれています。

このクロロゲン酸は抗酸化作用を持ち、シミやシワの原因となる活性酸素を減らす働きがあるという事がわかっています。

そのクロロゲン酸によって紫外線によるメラニン色素の沈着を抑制できるため、シミやシワを防ぐ効果が期待できるというわけです。

ポリフェノールの抗酸化作用でアンチエイジング効果

コーヒーに含まれるポリフェノールが持つ抗酸化作用によって、アンチエイジング効果が期待できるのです。

アンチエイジングとは老化の進みを止めることですよね。

老化を防ぐには血管を若い状態で維持することが大切だという事です。

それは、血管が硬くなり血液の流れが悪くなってしまうと肌に栄養が届かず老化を早めてしまうからです。

しかし、ポリフェノールには、血管の老化の原因となる悪玉コレステロールや動脈硬化を防ぐ働きがあります。

ですので、血管が若さを保つことで、アンチエイジング効果が期待でき、美肌へとつながるというわけです。

コーヒーの香りでリラックス効果!ストレスを軽減し肌トラブルを抑制

コーヒーの香りを嗅ぐことで、脳からα波(アルファー波)が出てリラックスできるといった研究結果が明らかになっているのです。

肌トラブルの原因ともなるストレスを軽減することで、肌を良い状態へと導くことができることでしょう。

カフェインによる利尿作用でデトックス効果

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があると言われています。

そのため、コーヒーを飲むことで余分な水分や老廃物を体外へ排出してくれるのです。

水分の循環がスムーズになるため、むくみ防止やデトックス効果が期待でき、肌荒れの予防にもつながるのです。

美肌効果を高める飲み方とは?

せっかくコーヒーを飲むのであれば、美肌効果を最大限まで高めたいと思いませんか?

そのためには、飲み方が重要なポイントとなります。

そこで、美肌効果を高めるおすすめの飲み方についてお伝えしたいと思います。

浅煎りコーヒーで飲む

より美肌効果を感じたいのであれば、浅煎りのコーヒーがおすすめです。

美肌効果に欠かせないクロロゲン酸は、深煎りにすればするほど減少していってしまうからです。

浅煎りの方がクロロゲン酸が豊富に含まれているため、美肌効果を得たい人は浅煎りのコーヒーを飲みましょう。

インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーを選ぶ

インスタントコーヒーに比べてドリップコーヒーの方がポリフェノールが多く含まれています。

少し手間がかかりますが、美肌効果を期待するのであればドリップコーヒーがおすすめです。

1日の摂取目安は3~4杯!3~4時間置きに飲むのが効果的

ポリフェノール量を1日あたり1000~1500mg摂取することが、最も美肌効果を高められる適正量なんです。

コーヒーのみで摂取するとなると、1日3~4杯程度を目安にしましょう。

また、クロロゲン酸の抗酸化作用は3~4時間持続すると言われています。

なので、一度に何杯も飲まずに、3~4時間ごとに1杯ずつ飲むのが効果的でしょう。

飲みすぎは良くない?コーヒーを飲むときの注意点

美肌効果を感じたいからと言って、飲み過ぎてしまうのは良くありません

良くないどころかかえって健康を害する恐れもあります。

そうならないために、コーヒーを飲む時の注意点を確認していきましょう。

飲み過ぎは肌荒れを引き起こす原因になる

美肌のためにクロロゲン酸をたくさん摂取したいからといって、コーヒーを適正量以上に飲むのはやめておきましょう。

コーヒーに含まれるカフェインを過剰に摂取することになり、胃腸を壊したり肌荒れを引き起こしたりする原因となります。

1日3~4杯を目安にし、飲み過ぎには注意しましょう。

砂糖やミルクの入れ過ぎに注意する

砂糖を入れ過ぎてしまうと血糖値が上昇し、余分な皮脂を促す原因となります。

皮脂分泌が多くなってしまうとニキビや肌荒れの原因につながります。

苦いコーヒーが得意でない人は砂糖の代わりにはちみつを入れるのがおすすめです。

また、ミルクを入れる際にはトランス脂肪酸などが含まれているものは腸内環境を悪化させることもあるため、控えた方が良いでしょう。

代わりに普通の牛乳や豆乳を入れて飲むことをおすすめします。

寝る前にコーヒーを飲むのは控える

寝る前にコーヒーを飲むと、睡眠の質が下がってしまう可能性があります。

それは、カフェインには覚醒作用や利尿作用があるからです。

覚醒作用で目が冴えてなかなか寝つけなくなってしまうことがあるかと思います。

また、眠っていても利尿作用でトイレに行きたくなってしまい、睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠不足は肌にとっても大敵です。

なので、寝る前にコーヒーを飲むのは控えるようにしましょう。

どうしても飲みたいのであれば、カフェインレスコーヒーを飲むのがおすすめです。

美肌効果を最大限に高める飲み方で、おいしくきれいになろう!

クロロゲン酸の働きによって美肌にも嬉しい効果を期待できるコーヒー。

より効果を高めたいのであれば、「浅煎りのドリップコーヒー」というキーワードを覚えておきましょう。

深煎りが一番美肌にいいんだよね

最後に

日々のスキンケアにプラスして、1日3~4杯のコーヒーを3~4時間置きに飲む習慣を、取り入れてみてはいかがでしょうか。

コーヒーの香りに包まれてリラックスする時間こそが、最高のエイジングケアになるかもしれません。ゆっくりとコーヒーを味わうことで、美肌へと導かれていくのではないかと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました