コーヒーは保存容器が命!おすすめの保存容器5選

コーヒー

コーヒーの鮮度を長く保つには保存容器は必須アイテムです。

保存容器についてご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒー豆は粉にすると劣化が進む

コーヒーは、豆の状態でも様々な原因で劣化しますが、粉にすることでさらに劣化のスピードが上がります。

コーヒー粉の劣化をおさえるために、まずは劣化の原因とコーヒー粉の賞味期限について考えてみましょう。

劣化が進む原因はなに?

コーヒー豆は空気に触れることでコーヒー豆に含まれるコーヒーオイルと食う句中の酸素が結合して酸化が始まります。なので酸化してしまった豆でコーヒーを淹れると酸味の強いコーヒーの味わいになるのです。

また、高い湿度や温度も劣化が進む原因の一つになります。温度が高ければ、酸化が活性化されますし、湿度が高いと空気中の水分と結合して劣化しやすくなってしまうのです。

もう一つの要因として、光に含まれる紫外線でも酸化が起こります。太陽光だけではなく、蛍光灯の光にも紫外線が含まれているので注意が必要なのです。

コーヒー粉の賞味期限

コーヒー豆を挽いて粉の状態にすると表面積が広くなり、その分空気に触れる面が増えるため、豆の状態に比べ劣化しやすくなります。

密閉し冷暗所に保存した場合、一般的にコーヒー豆の賞味期限は2~3週間、コーヒー粉の賞味期限は約10日間です。夏はさらに短くなります。

コーヒー豆は生鮮食品です。見た目は保存食に思えますが、肉や野菜と同じで鮮度が大切なのです。

劣化のスピードは気温などの条件によって変わるので一概には言えませんが、賞味期限にこだわらず、できるだけ早く消費してしまいましょう。

おいしさを維持するための保存方法

密封性が高い容器が良い

コーヒー粉の劣化原因である湿気と空気を考慮し、密封性が高い保存容器に入れることを心掛けましょう。

中の空気を抜くことが可能な、ジップロックなどの密封袋がおすすめです。缶や瓶であれば、パッキンなどがあり、蓋がしっかり閉まるものを使いましょう。

また、購入したコーヒー粉が袋入りならば、しっかりと口を閉めて、保存用の容器に入れましょう。すべてを袋から出してしまうと、空気に触れる部分が多くなり酸化が進んでしまうので注意しましょう。

温度差が少ない冷暗所で保存が○

劣化原因である高温を防ぐために、冷暗所での保存を意識する必要があります。

風通しが良く、直射日光の当たらない場所に、 周囲と隙間を空けて保存するとよいでしょう。

コーヒー粉を長く保存したいときは?

長期保存の場合は冷蔵庫か冷凍庫での保存がおすすめです。

2週間程度の保存なら冷蔵庫へ

短期間で飲み切ることができず、2週間程度かかってしまいそうならば、冷蔵庫へ保存するのがベストです。その場合でも密閉性の高い容器に入れることはマストです。

冷蔵庫の場合は、空気や湿気以外に他の食品から匂いが移る可能性があります。余分な匂いがつくと風味が落ちる原因になるため、しっかりと密封しましょう。

また、扉の開け閉めの温度差で生じる水滴も劣化の原因となるので扉の近くよりは奥の方で保存しましょう。それでも飲み切れなかったら冷凍庫へ移すようにしましょう。

長期保存の場合は?

ジップロックなどを使い小分けにして冷凍庫へ入れましょう。飲める分だけ冷蔵庫から取り出していけば、新鮮さが長持ちしたコーヒーを淹れることができるでしょう。

おすすめの容器

ハリオ珈琲キャニスター

本体がガラス製で中身がよく見えるハリオ珈琲キャニスターという保存容器です。シンプルなデザインで、置き場所を選びません。

蓋にツマミが付いており、ツマミを上げた状態で蓋を閉めツマミを下げれば、しっかりと密封される仕組みになっています。

HARIO(ハリオ) 珈琲キャニスターM MCN-200B【コーヒー/珈琲】【楽ギフ_包装】【メール便不可】価格:550円
(2019/9/23 13:05時点)
感想(9件)

メリタステンレスキャニスター

ペーパードリップコーヒーで知られるメリタの、スタイリッシュでシンプルなデザインが特徴的な、ステンレス製コーヒー保存缶です。

蓋が透明で上から中身を確認できます。落としても割れにくいステンレス製で、コーヒー粉が200g入る程よいサイズ感も魅力です。付属でメジャースプーンが付いています。

メリタ ステンレスキャニスター MJ-2156【快適家電デジタルライフ】価格:2,580円
(2019/9/23 13:09時点)
感想(3件)

ゼロジャパンコーヒーキャニスター200

日本製のクオリティにこだわった陶器製品で有名なゼロジャパンのコーヒー専用保存缶です。おしゃれな雰囲気を醸し出す、丸型の美しいフォルムが特徴的です。

光を通さない陶器製なので、暗所にこだわることなく置き場所を選べます。蓋は密封性の高いシリコンパッキン付きで、コーヒー粉の酸化もおさえられます。

容量はコーヒー粉300gで、選べるカラーバリエーションも豊富に用意されています。

ZEROJAPAN ゼロジャパン コーヒーキャニスター 200 全6色 Φ105×H160mm(800ml) CO-200 【食器洗浄機対応】【ラッキシール対応】価格:2,990円
(2020/6/1 08:49時点)
感想(2件)

キントー SLOW COFFEE STYLE コーヒーキャニスター

コーヒーウェアやティーウェアで有名なキントー(KINTO)のコーヒー保存缶です。遮光性のある磁器でできています。シックなデザインと温かみが感じられる材質で、大人なインテリアとして部屋の雰囲気に溶け込みやすいアイテムです。

蓋はパッキン付きで、おしゃれなだけでなく機能性にも優れています。容量はコーヒー粉が200gしっかりおさまる大きさです。自分用としてだけでなく、プレゼントにも向くおすすめの一品です。

【エントリーでさらに10倍】SLOW COFFEE STYLE コーヒーキャニスター ホワイト/ブラウン【コーヒートレイ COFFEE ピッチャー ハンドドリップ ステンレス 珈琲 紅茶 SlowCoffeeStyle スローコーヒースタイル キントー KINTO】価格:2,160円
(2019/9/23 13:13時点)
感想(2件)

最後に

コーヒーをおいしく飲むのには淹れ方だけでなく、保存の仕方も重要だという事がご理解いただけたのではないかと思います。

最近ではデザインの良いものも多く販売されていますので、インテリアに合わせて保存容器も検討してみてはいかがでしょうか?

応援よろしくお願いします
コーヒー
スポンサーリンク
シェアする
kloudy1174をフォローする
coffee time lover

コメント

タイトルとURLをコピーしました