コーヒーの雑味って何?

コーヒー

自宅でコーヒーを入れた時に、「なんだか苦みが強過ぎて美味しくない」「酸っぱく感じる」ことはありませんか?

コーヒーショップで買った豆を使っているのに、カフェで飲むような美味しい味わいにならないのはなんででしょうか?と疑問を感じている人もいると思います。その理由は、雑味が出てしまうコーヒーの入れ方に原因があるからなんです。

今回はコーヒーの雑味が出る原因とおいしく入れるための方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

雑味とは?

雑味」と聞くと誰もが美味しそうに感じないのではないでしょうか。

その感じている通り、雑味とはネガティブな味の表現で用いられることが多い言葉です。

例えばコーヒーの雑味で言うなら、「えぐみ、渋み、酸味、苦味」などが強い状態を指しています。

美味しいコーヒーの場合は酸味や苦味もほどよく感じると思いますが、雑味のあるコーヒーは後味が苦過ぎたり、酸味が強くて酸っぱかったりという事が多いのではないでしょうか。

本来のコーヒーの味わいを邪魔するほど特定の味が過度に出てしまっているものが、「雑味のあるコーヒー」と呼ばれるものです。

では、なぜ自宅でコーヒーを入れると、このような雑味が出やすくなってしまうと思いますか?

コーヒーに雑味を感じる原因

コーヒーに雑味を感じる原因は、5つあるのです。

では、具体的にどんな問題があるのか、ひとつずつご説明したいと思います。

①お湯の温度が高過ぎる
雑味を感じる原因のひとつに、お湯の温度が高過ぎることが考えられます。

コーヒーの粉に90℃以上のお湯をかけてドリップすると、渋みや苦味、酸味などの微量成分が多く抽出されてしまうのです。

特に沸騰した直後のお湯は熱過ぎて雑味が多く出てしまいますので注意が必要です。

いつも沸騰してすぐにお湯を注いでいたという人は、少しお湯を冷ましてから使いましょう。

②豆の鮮度が落ちている
鮮度が落ちたコーヒー豆は、酸化が進んでいるため、雑味が出やすくなります。

飲んだ時に味が薄かったり、酸っぱかったりする場合は、コーヒー豆が古くなっている可能性が高いと言えるでしょう。

賞味期限やいつ焙煎した豆なのかをチェックし、鮮度が落ちている豆は避けましょう。

③欠点豆が混ざっている
焙煎した豆には「欠点豆」が混ざっていることがあります。

欠点豆とは、正常な形をしていないものや、欠けているもの、焦げてしまっている豆のことです。

このような豆は味や香りも悪く、雑味の原因になりますので取り除きましょう。

④豆が細か過ぎる
雑味の原因として、豆を細かく挽き過ぎていることが多いようです。

コーヒー豆は細かいほど、苦みが強くなります。

それは、コーヒー豆の粒が細かいことで、ドリップした時にお湯が触れる面積が多くなるからなのです。

その分、苦味だけでなく渋みや酸味などの雑味も出やすくなるということを覚えておきましょう。

⑤コーヒーの灰汁(あく)にも注意
コーヒーを飲んだ時に感じる「えぐみ」の正体は、ドリップした時に出る「灰汁(あく)」です。

お湯を注いだ際に、フィルターにつく細かい泡は灰汁なので、コーヒーと一緒に落とさないように注意しましょう。

コーヒーを美味しく入れるために

美味しいコーヒーを入れるためには、雑味の原因を改善しましょう。

ここでは雑味のないクリアな味を実現するための方法について考えてみたいと思います。

お湯の温度を85℃程度にする
お湯の温度は高過ぎることなく、85℃程度で入れるのが良いでしょう。

これくらいの温度でドリップすれば雑味を抑えることができ、コーヒー本来の持つコクやまろやかさが楽しめます。

また、沸騰した直後のお湯をそのまま使うのではなく、一度マグカップやドリップポットなどに移して少し冷ましてから使うのがマストです。

新鮮な豆を使う
雑味の少ないコーヒーを入れるためには、新鮮な豆を使いましょう。

焙煎した豆なら約1ヵ月、粉のコーヒーなら開封後約2ヵ月で鮮度が落ち始めます。

この期限を目安にしながら豆は早めに使い切ってしまうことが大切です。

また、焙煎した豆の中によくある、形の悪い欠点豆も雑味の原因になるため、避けるのがベストです。

出来れば、手作業で欠点豆を取り除く「ハンドピック」を行っている焙煎所のコーヒー豆なら問題なく品質の良い豆があるのでそのようなお店で購入するのが良いでしょう。

コーヒー粉の細かさに気をつける
雑味の少ないコーヒーを淹れるなら、コーヒー豆を細かく挽き過ぎないことに注意しましょう。

コーヒーの粉が細か過ぎてしまうと、苦味や酸味、えぐみなどが過度に出てしまうからです。

コーヒーミルを使って豆を自分で挽いている人は、今までよりも少し粗めに挽いてみると良いと思います。

ですが、粗めに挽き過ぎても今度はコーヒーの味が薄くなってしまうので、ほど良い加減で挽く様にしましょう。

挽き具合を調整し「粗挽き、中挽き、細挽き」を試してみるなどして、自分の好みを見つけるのが良いですね。

最後に

雑味が出てしまう原因には、お湯が熱過ぎることや、豆の鮮度が落ちていること、コーヒー豆を細かく挽き過ぎていることに加え、ドリップ時に灰汁が一緒に出てしまっていることなどがお分かりいただけたと思います。

しかし、これらの原因を改善することで、自宅でもクリアで美味しいコーヒーを飲むことができるのです。

これまで自己流でなんとなくコーヒーを入れていた人も、今回考えてみたことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

今まで使っていた豆も、お湯の温度を変えただけでその美味しさの違いにびっくりするかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました