コーヒーの染み抜き

コーヒー

コーヒーをシャツやカーペットなどにこぼしてしまったことが何度かあるかと思います。

結構、茶色いので目立ちます。

どのように染み抜きをしたらよいかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

コーヒーの染み抜きの基礎知識

やはりきちんと染み抜きをするのには基礎からですね。正しい方法をご説明します。

早めの処理がBest

まずコーヒーの成分ですが、これは水溶性になります。油溶性の汚れとは違い、水に溶けやすいので、早めの処置で落ちる可能性は高くなります。

時間がかかってしまうと、水溶性のシミでもどんどん定着してしまいます。また、酸化してくるので、黄ばんできてしまいます。できるだけ早く処置をしましょう。

こぼした直後の染み抜き

コーヒーをこぼしてしまった直後ならば、水道などで洗い流すことをお勧めします。

洗えない素材は丁寧にふき取って水を含ませた布で軽くたたいて汚れを布に移してしまいましょう。

それでも汚れが残ってしまったら、中性洗剤を使用します。

中性洗剤をつけた布でたたき、濡らしたら布を押し当てて、こまめに布を変えながら吸い取るようにしましょう。

後は洗濯機で洗いましょう。

ただしミルクが入っていた場合は油溶性のシミになるので、水や中性洗剤を使うとシミが取れにくくなってしまいますので、乾いたティッシュペーパーなどでふき取るようにしましょう。

時間が経ってしまったコーヒー染みの抜き方

どうしても外出先などですぐに染み抜きができない場合もあると思います。

では時間が経ってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

酸素系漂白剤を使う

時間が経ってしまったシミ汚れは酸素系の漂白剤が一番です。タオルや、年棒に酸素系漂白剤をつけて、シミに塗って、2~3分ほど置きます。

それでも汚れが残ってしまう場合は少し集めの60℃位のお湯をかけます。酵素剤が働いて汚れが落ちやすくなります。

軽くすすぎ、洗濯機で洗いましょう。。色物の衣類の場合は目立たない部分で色落ちしないかを確かめてから使用しましょう。

ミルクが入っているコーヒー染みの抜き方

ミルクが入っているコーヒーの場合は熱を加えてしまうと落ちにくくなってしまいますので、粉末の酸素系漂白剤を水で溶いて、シミの部分に塗るようにしましょう。

そして下に布を敷いてから、タオルでたたくようにして下の布に吸わせるように染み抜きをします。何度か繰り返せば、ミルクのたんぱく質が落ちてゆきます。そうしたら、お湯で洗っても大丈夫です。

コーヒーがかばんや壁紙についてしまったら

何かの拍子にコーヒーが飛んでしまって壁紙やカバンについてしまうことがあると思います。そんな時は?

壁紙の染み抜き

白い壁紙などに飛んでしまった時にゴシゴシと拭いてしまうと壁紙が傷んでしまいます。

まずは乾かないうちにコーヒーを拭き取ります。この時にガラスクリーナーがあると最適です。

シミの部分に、ガラスクリーナーを吹き付けて2~3分ほど待ちます。そして古くなった歯ブラシでたたくようにします。汚れが取れたら丁寧に水拭きをしましょう。最後に乾いた布で水分を拭き取ってしまえば完成です。

カバンの染み抜き

かばんも素材によって違いますが、布製のカバンならば洋服などと同じで大丈夫です。

革製ならば、まずコーヒーを拭き取ります。できるだけ吸い取ってしまうようにするのが良いです。自分では染み抜きをせずに、専門店に依頼するようにしましょう。

最後に

コーヒーのシミは適切に行えばきれいに落ちます。

時間が経つほど落ちにくくなってしまうのでできるだけ早く染み抜きを行いましょう。

素材によってやり方は変わりますが、正しい方法で染み抜きをするようにしてください。

自分ではできそうもない素材であれば早めに専門店に依頼をするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました