コーヒーのステインとは?

コーヒー

歯磨きなどで鏡を見たら歯に黄ばみがあることがあると思います。

その原因がコーヒーに含まれるステインなのです。

今回はこのステインについて考えてみましょう

スポンサーリンク

ステインとは

ステインとは歯についてしまう着色汚れを指します。毎日きちんと歯磨きをしていても次第に着色していってしまうので、気が付くと黄ばんでいたりするのです。

どうしてステインが着いてしまうのか

ステインの大きな原因のひとつが、食べ物に含まれるポリフェノールと歯のエナメル質を薄く覆っているペリクルというタンパク質の一種が反応してできたものだという事です。

一度付着すると落ちにくいので、少しづつ蓄積してしまい、自分でも気がつかないうちに少しずつ黄ばんでいってしまうのです。

コーヒー以外にステインが付着しやすい食べ物

コーヒーはもちろんのこと赤ワインチョコレートポリフェノールを多く含むため、ステインが付着しやすい食べ物です。

紅茶や緑茶の色素や渋みの元になるタンニンも歯の表面に付着し、着色の大きな原因になってしまいます。

また天然の着色料でもあるウコンを含むカレーも、食べるとステインになりやすい代表格と言われています。

身体には良いが、ポリフェノールが多く色も濃い緑黄色野菜やポリフェノールの一種であるイソフラボンを含む納豆なども意外とステインになりやすいといわれているのです。

ステインの除去方法

少しずつ蓄積していってしまうステイン。

黄ばみがひどくなる前に、日々のケアで溜めさせないことが大切です。

しかしそのステイン、普通に歯磨きしても取り除くことができないのです。

では、ステインを除去する方法を紹介しましょう。

ステイン除去歯ブラシ&歯磨き粉

自宅でのケアで有効なのが、ステイン除去やホワイトニングを目的にした市販のオーラルケア製品に切り替えることが一番です。

歯磨き粉に関しても、さまざまなメーカーからステイン除去製品が出ています。

ステインに効果的な清掃剤やステインを溶かし出す溶解剤などを配合したものや、歯の表面を傷や凹凸を修復してステインを付きにくくするものなどがあります。

ホワイトニングの歯磨き粉も併用すると、より白い歯に近づくことができるので試してみてはどうでしょうか。

歯科医でクリーニングしてもらう

自宅でのケアでは落ちないような頑固なステインには、歯科医のクリーニングがおすすめです。

自分では届かないすみずみの汚れまで落としてくれ、歯を傷つける心配もないのです。

自宅でのケアでは少しずつ除去していくため効果がわかりづらいですが、歯科医のクリーニングなら一度で落とすこともでき、ステインだけでなく歯垢や歯石なども取ることができるため、終わったあとはツルツルになるので気持ちが良くなります。

またステインを除去しながら白くすることもできるホームホワイトニングというメニューもあるのでおすすめしたい方法です。

1日1〜2時間ホワイトニング用のジェルを塗布したマウスピースをはめることで、1〜2ヶ月で効果を実感することができるため、コーヒーや赤ワインなどステインの原因になりやすい物を日常的に多く摂取する習慣がある人は、歯科医でのクリーニングを定期的に行うとよいのではないでしょうか。

毎日のお手入れはどうしたらいいのか

ステインが付いてしまった場合は、歯ブラシのグッズを変えたり、歯科医に行ったり、効果的な除去を行う必要が出てきます。

しかしいちばん大切なのは、付着する前に取り去ることなのです。

ステインの原因になる食べ物が口の中に残ったまま、その口内環境を保ち続けてしまうと着色してしまうので注意が必要です。

食べた後はすぐに歯を磨くという基本はもちろんのこと、水で口をゆすぐだけでも効果は絶大です。

日々のちょっとした習慣を心がけてみよう。

最後に

刃が汚れているだけで人への印象を左右してしまいます。いつもこうしているから大丈夫と考えてしまいがちになりますが、ちょっと意識を変えるだけで歯の白さが違ってきます。

ぜひ日ごろからのお手入れのことを考えてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました