カリタのウエーブフィルターでコーヒーを淹れよう

コーヒー

ウェーブフィルターとは、カリタ製品です。サードウェーブブームの中で人気のドリッパーです。ドリッパーとしてはかなり特異な形状から、どんなものだろう?と思う方も多いのではないでしょうか?

今回はウェーブフィルターについてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

ウェーブの特徴とは?

このドリッパー最大の特徴は、何といってもフィルターの波打った形状につきます。

実はこのドリッパー、リブと呼ばれる溝が彫られていないのです。

そこでリブの代わりの役割を果たすのが、フィルターの波打った形状なのです。

また、この形状によって、画像のようにドリッパーとフィルターに隙間ができて、リブの役割を果たすというわけなのです。

ちなみに、波打った形状のメリットはこれだけではないのです。

ドリッパーとの接地面が少ない

ドリッパーでよくある失敗が、フィルターにお湯を掛けてしまい、コーヒー粉を通らずに側面から湯が抽出されてしまうことです。

しかしウェーブフィルターは、接地面の少ない側面ではなく、コーヒー粉を通ってドリッパーと接する底面からお湯が抜けていきます。

そのため、フィルターにお湯を掛けてしまっても、失敗するリスクが少ないのがメリットです。

速く・バランス良くお湯が抜ける

そして、このドリッパーは、カリタの他のドリッパーと同じく3つ穴なのですが、穴の配置が異なります。

カリタの一般的なドリッパーは横に3つ並んでいますが、このドリッパーは三角形に配置されているのです。

これによりお湯が偏ることも少なく、バランス良く抽出されるというわけなのです。

ウェーブドリッパーの使い方

準備するもの

  • 専用ドリッパー
  • ウェーブフィルター
  • コーヒーサーバー
  • 出涸らし受け:マグなど耐熱容器なら何でも
  • お湯
  • コーヒー粉(通常、一人前10g~)

※その他、キッチンスケール(豆を測る)・温度計(湯温を測る)などもあると便利です。

フィルターとコーヒー粉をセットする

まずはフィルターをドリッパーにセットします。

次にフィルターにコーヒー粉を入れます。

この時に表面をならしておきましょう。

これは、コーヒー粉を平らにすることで、抽出の偏りを防ぐだけでなく、空気を抜いて、お湯の回りを良くすることもできるからです。

軽くドリッパーを揺する程度でOKです。

〘ポイント!〙道具の位置

準備が出来たら抽出。の前に、道具の位置を確認しましょう。

例えばケトルを右手で持つ場合、必然的に抽出中の他の動作は左手になります。

そのためドリッパーの取っ手や出涸らし受けを、ケトルを持つ手と反対側に置くとスムーズに抽出できるので試してみてください。

蒸らし

蒸らしですが、表面が円形ですから基本的には円錐ドリッパーと同じ感覚です。

円の中心部にお湯をまずは落とします。

そして中心から周りに円を描きながらお湯を注いで、全体が濡れる程度でお湯を止めます。

蒸らしは、どれくらい注ぐの?

ウェーブドリッパーの場合、おおよそ底面全体が濡れる程度~数滴落ちる程度とみておくと良いでしょう。

抽出

抽出も、まずは中心からお湯を落としていきます。

するとお湯を注いだ箇所に白い泡ができます。この泡を広げるように円を描きながら注いでいきます。

この白い泡の円はフィルターに触れるかどうかくらいまで広げると良いでしょう。

これはペーパードリップ共通の、コーヒー粉の縁やフィルターにお湯を注がないという鉄則です。

ウェーブは特殊な形状のため、縁に掛けてもさほど問題ありませんが、気を付けるに越したことはないでしょう。

特に心掛けてほしい点は、キレイな円が描くことです。

この円がキレイであるということは、均等に注げているという証拠の一つです。

もし歪な円で注いでしまうと、茶色い部分にはお湯が掛かっておらず、ムラができてしまうということです。

そして抽出する量に達したら、ドリッパーにお湯を残した状態で出涸らし受けに移します。

これは出涸らし、つまり薄味で雑味の元になるので、サーバーには落とさないようにしてください。

これで抽出は完了です。

〘ポイント!〙捨て方に気を付けよう

抽出カスを捨てる時、フィルターを持ち上げて捨てる方がいますが、これは非常に危険です。

フィルターは水を含んで破れやすいからです。

そのため、破けてコーヒー粉が散らばったり、それによって火傷をしたりする恐れがあるからです。

抽出カスの捨て方ですが、ドリッパーごとゴミ箱まで持っていって逆さにしてください。

そうしてドリッパーの縁を軽く叩くと、抽出カスだけがポロッと落ちてくれますので簡単ですね。

最後に、簡単で美味しいKalitaウェーブフィルター

ウェーブフィルターはプロ向けと勘違いされることが多々あります。

しかしそうではなく、簡単に美味しくコーヒーを淹れることを追求した結果なのです。

決してプロ専用ではなく、むしろ初心者の方にも美味しいコーヒーのために使ってもらいたいドリッパーです。

思った以上に使いやすいドリッパーなので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました