アメリカンコーヒーとコーヒーアメリカーノ、エスプレッソの違いとは?

コーヒー

アメリカンと言えば薄いコーヒーというイメージがありますが、お湯で割っているコーヒーという訳ではありません。今回は、アメリカンコーヒーの本来の意味と、似たようなアメリカーノ、エスプレッソとの違いについてもご説明したいと思います。

スポンサーリンク

アメリカンコーヒーとは?

アメリカンコーヒーとは、浅く焙煎した豆で入れたコーヒーのことで、英語でアメリカン濃度が薄いという意味です。

浅煎りのアメリカンコーヒーでは、豆本来の良い香りとライトな味わいを楽しむことができるのが特徴で、軟水を用いることが望ましいとされています。

浅煎りというのは味が薄いコーヒーと覚えるのが分かりやすいと思いますが、お湯で薄めたコーヒーとはまた違うので覚えておいてください。

アメリカンコーヒーは苦味が少ないので、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいのが特徴です。

コーヒーの「浅煎り」とは?

コーヒー豆の焙煎は、浅煎りから深煎りまでを8段階に分けて表します。

1段階から順に表記するとこのような感じです。

  • 1段階 ライトロースト
  • 2段階 シナモンロースト
  • 3段階 ミディアムロースト
  • 4段階 ハイロースト
  • 5段階 シティロースト
  • 6段階 フルシティロースト
  • 7段階 フレンチロースト
  • 8段階 イタリアンロースト

それぞれ酸味や苦味、風味が異なり、シナモンロースト、ミディアムロースト、ハイローストは浅煎りのアメリカンに使われるコーヒー豆なのです。

アメリカン という名前の由来

アメリカンの名前の由来は単純で、アメリカ人がこのライトな味わいを好んで飲む事から名付けられたのです。

アメリカンコーヒーは和製英語で、アメリカでは通用しませんのであしからず。

実はカフェインが多め

コーヒーのカフェイン量は焙煎によって減っていきます。

そのため、浅煎りのコーヒー豆で淹れられたアメリカンコーヒーは、カフェインが強いコーヒーなのです。

アメリカーノ との違いは?

コーヒーをお湯割りにしたものをアメリカンコーヒーと呼ぶ人もいますが、正しくはありません。

お湯割りコーヒーはアメリカーノと呼ぶのが正解です。

ただし、アメリカーノはドリップコーヒーのお湯割りではなく、エスプレッソコーヒーのお湯割りです。

アメリカーノはお店によって使用するお湯の量が異なるので、味も変わりますが、基本的には、スッキリとした後味の飲みやすいコーヒーと言えます。

アメリカーノは、エスプレッソコーヒーがベースなので、深煎りのコーヒー豆が使用されているのです。

深煎りは、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストあたりを言います。

コーヒーの「エスプレッソ」とは?

エスプレッソは、エスプレッソマシンもしくは直火式のマキネッタという専用の器具を使って作ります。

細かく挽いた深煎りのコーヒー豆をカップ型の金属フィルターに詰めて、強い圧力と約90℃の湯温で約20〜25秒の抽出時間で作る非常に濃いコーヒーです。

コーヒーのイタリアンとは?

浅煎りの豆のコーヒーをアメリカンと呼ばれ、深煎りのコーヒーはイタリアンとなります。

一番深く、濃いローストをイタリアンローストと呼ばれています。

8段階中最も深い焙煎度合いが特徴で、見た目も真っ黒です。また、強烈な苦味を感じます。

浅煎りの時のような酸味は無く、コーヒー豆を焦がしたような香ばしさです。

コクが深く、苦味のあるコーヒーとなるのです。

アメリカンを淹れるならアメリカンプレスが便利

最後に、アメリカンを好んで飲む人におすすめのコーヒープレスをご紹介します。

アメリカンプレスはここ数年で誕生した、新しいタイプのコーヒープレスで、圧力をかけて抽出するので、短時間で抽出できるうえに、味も若干濃いめに作ることができます。

コーヒー粉を入れる部分がプランジャーの先端についていて、プランジャーが通過した場所から色が変わるので、見た目にも楽しめます。

中身を捨てるだけ、とお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

興味がある人はぜひ試してみてください。

アメリカンプレスはこちら

最後に

アメリカンコーヒーはシナモンロースト、ミディアムロースト、ハイローストあたりの浅煎りのコーヒー豆を使用して作るコーヒーのことです。

お湯割りとはまた違うので間違えないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました